2012年1月26日木曜日

最高のパーフォーマンスを目指すこと.

  昔、事業仕訳が流行っていたころに、「2番じゃダメなんですか?」という蓮舫議員の有名な発言があり、よくニュースで取り上げられていましたが、その後彼女の顔色が悪くなったような気がします。よく考えると2番を目指す人って、結構珍しいような気がしますが、あまり目立ちたくない人とかは、あえて目指すかもしれませんし、私もかつて目指したような記憶もあります。でもこれは本質からちょっとねじれた結果起こるものであって、生命の本質は進化し進歩することですから、やはりどちらかというと一番を目指したいものです。また最近競争することが悪のような雰囲気が教育現場に固着しているようですが、生命の本質から離れた方針だと思います。私は子供がいないので実際のところはあまりよくわかりませんが、たぶん親が教育委員会に文句を言ったからでしょう。「能力や技術力の違いで人を差別してはいけません!」とか「うちの子供がビリになって、泣いています。どうしてくれるんですか?」とか言ったのでしょう。敗者の愚痴を正論に持っていくのは簡単ですが、それに言いくるめられる教育現場も頼りないな~。私なら「一位になれるように、親御さん共々日々精進努力してください!」と言いますが、そんなこと口が裂けても言えないような理由がきっとあるのでしょうね。 

  最近始めたスノボにしても同じで、自分に少しでもできるとわかった暁には、最高のシュプールが描けるように努力するのは楽しいものです。そのための知識は、今ネット上に無限のごとくあふれています。自宅ですぐ簡単に入手でき、問題は読んで理解する時間のみっていう感じですね。そして、読めば読むほど奥が深くなりはまっていくんですよね。でも、これってけっこう楽しいんですよねこれがまたね。そして、いかにお金をかけずに簡単に達成ができるかを考えるんですね、貧乏人だから~。

  昨日、プロテニスプレーヤーの錦織圭さんが、惜しくもベスト4進出を逃しましたが、試合後のインタビューで言っていた言葉が印象的でした。「精神的にも肉体的にもパワーが足りなかった」とおっしゃっていました。裏返せば、「技術料力はあるが、それを使い切る体力と精神力が今はない」と受けとれました。自分に何が必要かわかれば、進化は早いですね。

  スポーツのみならず、現代の進化のペースは、数世紀前のみならず数十年前に比べても桁違いのスピードで、何もかもが進化していますね。この波に乗って、自らの精神・肉体・知性・感性・技術も進化させたいものです。もし、進化のペースが放物線を描くなら、今年一年はすごい年になるような気がします。ほぼ垂直に上昇しピークを迎え、その後は・・・・・・。




目標!



2012年1月22日日曜日

「カツ丸」のかつ丼食べました。

  新聞の折り込みチラシに新規オープンのチラシが入っていました。北矢三にできた「かつ丸」のオープン記念第2弾です。通常価格¥530のかつ丼が¥390でサンキューフェアと名うって売り出していました。かつ丼は結構好きな方なので、行くぞと妻に言っていましたら、私が休みになる前に、こっそり一人で金曜日に「行ってきたよ~」と言って喜んでいました。何かカツがとても大きくて少し残したそうです。いたたまれない私は、フェアは最終日の今日までなので、お昼に行くぞと言って、はじめて有言実行をしました。日曜日のお昼ということもあって、やはり店内は混んでいて客は並んでいました。でも外に出るほどではないので気にせず並び注文しました。フェア対象はかつ丼のシングルサイズのみでして、他は通常価格なので、当然私はそれですが、妻は前回食べたので「味噌カツ丼」¥580にしました。席で待つことになったので、他人の食べているものに視線が行くのですが、なんと肉厚が2cmくらいあります。そして量も十分でした。実際食べてもおいしかったです。それもそのはず、この店かなりの拘り食材を使っていました。肝心の豚肉は群馬の契約農家の熟成豚肉で、パン粉は最高級国産小麦粉を使用、卵はすだち卵みたいです。本社が福島県で、ホームページでは地元展開しかしていないような感じなんですが、なぜか徳島に出店したみたいです。たぶん震災後の方針転換があったのだろうと思います。


と、おもいきやネットでよく調べましたら、この店どうやら「えびす製麺所」(㈱グルメサービスで実態は{ふじや})の姉妹店みたいです。どうりで値段設定が福島のと全然違うのでおかしいと思っていましたし、店の作りが佐古にある「えびす製麺所」と全く同じでした。ということで、先ほど紹介した福島の「かつ丸」とは無関係でした。たぶんですが・・・、知らなければよかった~かも?。ただ、卵は「すだち卵」(すだちの皮と鳴門わかめを餌にした鳥の卵)使用はお店で読んだのでほんとうみたいです。肉は輸入品かもしれません。しかし、最近は輸入品のほうが安全かもしれませんね。

まあなんせ味はまあまあよかったですから、ぜひ一度食べに行かれてはいかがでしょうか?そんはしないと思います。(^.^)/

この写真では味と厚みはわかりませんね。

2012年1月17日火曜日

スキーとスノボしに行きました。

 今回職場でスキーツアーがあり参加しました。とは言っても男ばっかり5人が集まっていくだけの味気ないものですが、目的がスキーなので関係ないです。場所は新潟県妙高市の赤倉観光リゾートスキー場です。走行距離片道670km、所要時間10時間の長旅です。今回は長野県ではなく日本海側に近いので、北陸自動車道経由で行くことにしました。しかし何と出発の1/13は連日の豪雪で現地は記録的積雪量だったみたいですね。ちょうど日本海側に出た時くらいから雪だらけになり、なんと現地では一日に1m以上積もったみたいです。そして、目的地の赤倉はその中でも積雪が多く、積雪5mを超える勢いで降っていました。夜8時に出て、現場近くのパーキングに着いたのが朝5時くらいでした。そこで仮眠をして出かける予定でしたが、寒そうなので現場に行くことにしました。しかし何ルートか試しましたが、全てスキー場までの道はチェーン無では登れませんでした。スタッドレスタイヤは履いていたのですが、坂道で新雪だとちょっと無理があったみたいです。仕方なく本日宿泊予定の休暇村妙高に行きました。そこには旅館併設のコースが一つあり、そこから少し歩くと関温泉スキー場がありますので、今日はそこで我慢することにしました。稼働していたのは1コースのみでしたが、肝心の私のテクニックがいまいちで、最初はこけまくりで、やっとボーゲンができましたが、ターンは数回でこけちゃいました。どうやら靴が大きすぎて隙間ができエッジに力が伝わらない感じでした。3回くらい滑りましたが、最後にコースわきの新雪に埋まり出れなくなりました。こういう場合、救助に入った人も身動きが取れなくなるのでどうしようもなく春まで待つしかないのですが、幸いスノーボーダーが作った轍がありそこまで行って脱出することができました。新雪は怖いですね、いくら手で支えても1m以上めり込んで行って這い上がる事も進む事も出来ないいですよ!ああこわぁぁぁぁっ~かったです。 
 そんなで、一日目は早めに終わって、近くのホームセンターでチェーンを買って明日に備えることにしました。無事コメリで買うことができたのでよかったです。ホテルの食事は特に名物もなく値段が値段でしたが、懐石料理でした。温泉とサウナで体を癒して、反省会を兼ねた宴会を簡単に済ませて早く寝ました。翌朝早く起きたので、早朝の温泉に入りゆっくりしていたら、車の雪かきをしておいてくれというやさしいお声がかかりました。せっかく温まったのに外で雪掻きかよって言う感じですが、車は雪に覆われており身動き取れない状態でした。全く車の形が見えないほど積もっていますので、もし前に出れれば、綺麗なかまくらが出来るのですが、中に入れないのできれいに雪をどけなければあきまへんと言われました。そして無事脱出し次の目的地「池の平温泉スキー場」を目指しました。なぜそこにしたかというと、本日初挑戦の予定のスノーボードのレンタル料金が1000円になるクーポンがあったからです。この破格値に目がくらんだ3人はスノボをすることになりました。これがまた正解で、ゲレンデは超満員でリフトの待ち時間は30分近くかかる感じでした。でも、初心者練習用コースは真横にありリフトは必要なく、なんとエスカレータが併設されていました。まあ100m位の短いコースなのですが、初心者には十分です。初めはこけまくりで全く滑れないと思っていたのですが、何とか滑れました。スクールは9時からということで時間に間に合わなかったので、自宅で見たYouTubeの「スノーボード入門」によるイメージトレーニングだけで何とか木の葉落としまでは出来るようになりました。最初はブーツの取り付け方さえ解らず、試行錯誤をしてやっと履けましたが、そのあと片足のり、そして勇気を出して両足つけて乗りました。谷を向いた形で板を横向きにすると板は進まず、山側のエッジを利かすと停止しています。これだけ出来れば後は、重心移動とひねりで板は動きます。おもったよりも簡単でした。確かに転ぶ回数はスキーに比べ多いですが、そのうちこけなくなりますし、技の数は桁違いにスノボのほうが多く面白いです。昨今のスノボ人気の理由がわかりました。
 それと、スノボウエア―を着ると誰でも格好よく見えるんですよね、女性はみんな可愛くきれいに見えます。これはゲレンデマジックですね。若い男女に人気があるわけです。もっと早くしたかったな~。ということで、今度は早くも地元、井川町の腕山スキー場にいく計画が進行しております。そして、今年の暮れは長野の志賀高原にしようと言っていました。広くて雪質が良いそうです。たのしみやな~。ヽ(^。^)ノ



途中のパーキング、名前は忘れました。
泊まったホテル
我らのレンタカー「セレナ号」、なんと新車でした!
二日目はお昼で切り上げて、温泉に入りました。





video
                                  借りたスノボです。
転び方の練習中. 

おまけ: 綺麗な女の人の後ろ姿?



2012年1月11日水曜日

男の顔は履歴書、女の顔は請求書?

 「男の顔は履歴書、女の顔は請求書」という格言が、さんまの「恋のから騒ぎ」で使われていたらしいです。あんまり高尚な番組ではないように思いますが、意味深な格言と思います。この格言、一見聞いたすぐは、なるほどと思わせるような感覚はあったのですが、よくよく考えると矛盾が続出しわからなくなってきたので、ここで書き出して整理してみます。

 まず、男の顔ですが、履歴書ということで、メインは職歴だと思いますが、私の場合結構多いので、そろそろ書ききれなくなってきた所です。ですから、最近は間引いたり、一カ所を長めにしたりして調整しています。それから、ぶらぶらしていた時期もあるんですよね、また海外に行ったりしていた時期もありましたね。そんなことが顔に出るんですかね?一つの仕事をずっと続けることと、いろんな仕事を転々と変わることで、顔は変わるのかな? いやいや一つの仕事をつづけた人はしかめっ面かストレスがしみこんだ顔ですかね。好きな仕事をずっと続けた人は、落ち着いて満ち足りた顔でしょうか?でも、顔なんて前の日に夜更しすれば、誰でも暗い顔になりますよね。またどちらの人でも、精神的または肉体的ショックがあれば顔に出ますよね。
履歴書的な表現となると、顔かたちだけでなく、その人とお話しした時の、話し方、声、抑揚など、そして中身である感性や知性で判断したほうがいい様に思います。大体5分も話をすれば、この人はどういう人で、こうなんだということが推測できますよね。その後、意外な面も解ったりしますが、大体は最初で決まりますよね。そういう意味を顔というならば、その人の今までの人生の集大成が顔だというのもうなずけますし、それを履歴書というのなら当たっているような気もします。

 次は「女の顔は請求書」ですが、これも取り方がいろいろありますよね。まず美人の場合、結構お高いんでしょうね。じゃあそうでない人の場合は、なんなんでしょう?おかまの場合は?わからん!そもそも何を請求しているのでしょうか?お金ですか、お付き合いですか、奉仕ですか、それとも・・・・。何かようわかりませんが、何かくれって言っているんでしょうね。いやちょっとまずいのでこの辺でやめておきます。先日toshiちゃんのブログで、車と女は同じものみたいなことをコメントしたような気がするのですが、よくよく考えると相当当てはまることがわかり、これまた書き出すと、世の女性すべてを敵に回しかねないのでやめておきます。今ちょっと閃きましたが、これは何か下さいではなくて、これだけの事をしてますから、しますから、あなたも何かしてねという事でしょうかね。「請求額はあなたが決めてね。」っていう感じでしょうね。それならなんとなくわかるような気がします。よかったよかった。(^_^.)

2012年1月6日金曜日

誕生日に超美女が来たよーん!

先日、自分の誕生日を迎えました。今回は初めてケンタッキーのバーレルでパーティー、ケーキはリクエストしたオリーブのモンブランでした。ケンタッキーのチキンは久しぶりですが、さすがに専門店だけあって、拘りがあるのかおいしかったです。ペロンと三種3個いけました。ケーキのほうは台が焼きメレンゲに替わっていました。触感が面白く軽くて食べやすいのですが、ちょっと安っぽく感じました。台はカスタードケーキかビスケットのほうが良かったかな?いやそんなことを言ってはいけません。軽くてふわふわして大変おいしかったです!
さて、今回特別にサプライズがありました。それは、昨年4月に入社した今の会社から、誕生日に花のプレゼントがあったのです。近くの花屋さんから電話があり、「切り花にしますか鉢植えにしますか」と言われ、鉢植えにしました。そして、届いたのがきれいなシクラメンの花でした。色は結構渋めの紫ですが、光沢もあり花も葉もしっかりしているので観ごたえがあります。それにしても会社から誕生日のプレゼントをもらったのは初めてで、すごくうれしかったです。また、職場の同僚で、他社の人は、誕生日に会社からケーキが届けられるそうです。この業界では、習慣になっているのかもしれません。盆暮れ正月関係なしに出勤している人が多いこの業界ですから、社長からのせめてもの心ずくしなのかもしれませんね。いい社長やな~。(^.^)



2012年1月1日日曜日

新年あけまして、何がおめでたい!?

 巷では、新年が明けてめでたいめでたいと言っている。そんなに夜が明けたり、年が明けたらめでたいのでしょうか?私はそんなにめでたいとは思いませんが、みんながめでたいめでたいというから、自分までめでたく思わなあかんように錯覚してしまいました。そりゃまあ昨年は嫌なことも多かったですが、そんなことは毎年あることで年が明けたからと言って無くなるものでも、忘れるものでもおまへん。いや、忘れてはいけまへん!昨年の3月に起こったことは、ただの自然災害で終わらしてはいけない重大な出来事だと思うんです。それは、お金と権力と暴力がもたらした人災なんですよね。それは、みんな知っていると思うけど、誰も大声では言いまへんな、そんなこと言ったって、黙殺されるだけで何の効果もあらへんって、わかっているから言わんだけですよね。まあ、確固たる証拠を一個人が掴めるわけもなく、ネットや書籍の情報だけでTVなんかはあてにならないし、何とも言い難い点はありますが、総合的に判断すると相当恐ろしい世の中であり、末期症状もいいところのように感じます。そんな中で、今年はそろそろ振り子が振り切って、戻りだす時期に差し掛かかるような気がします。人間の意識の進化の方向性が180度転換しそうですね。この転換についてこれない人は、化石と化すか、別の3次元の惑星にでも生まれ変わるかもしれませんね。うまく意識転換ができ5次元にシフト出来た人は時空を超えた新しい次元の地球で更なる進化の波に乗るでしょうね。巷に言うマヤ歴の終わりは、人類滅亡では無いと思います。人類の意識が5次元空間を認識できるようになるので、時間とか空間を超えた次元に入るということです。ですから、時間は止まったと感じるか、永遠と感じるかでカレンダーはいりませんね。空間の中のエネルギーに光を当てた時にできる影が物質ですが、その陰に翻弄され騙されることもなくなるでしょう。今、人類の未来は黄金に光り輝いているはずです。そして、そのきっかけは日出る国、黄金の国ジパングからと言われています。誰がいったか忘れましたが?ズッこけたのでここらでやめます。皆さま、新年あけまして、おめでとうございます。\(^o^)/